セッカブロック 【根固被覆用 ・ 緩傾斜護岸用 】 / アレートエイト【海岸根固被覆用】 
 
 
◎セッカブロック  【根固被覆用】
セッカブロック(根固被覆用)は扁平な方塊の中央に四角錘状の孔を設け、四隅と各稜を面取りした形状で、平面配列のみ可能なA形・大型、かみ合わせ配列の可能なB形、突起を有するC形、マウンド法肩部を被覆できる法肩用、B形、C形のかみ合わせ配列の端部に用いる半割、側面に突起を設けたW形の6種類があり、より優れた安定性、吸出し防止効果、施工性、経済性を追及した消波根固ブロックです。
 
■特徴
重心が低く突起の有無にかかわらず安定性に優れています。
中心の孔または四隅の突起により、適度な減勢効果が得られます。
被覆面積が大きく、単位面積当りの個数が少なくてすみ、工事費が割安です。
型枠の構造が簡単で、製作から据付までの施工も容易です。
平打ちのため、容易に天端部に加工を施すことができます。
天端部に溝加工を施すことにより、豊かな藻場環境を経済的に創出します。
 
■適した工事
護床工、床固工、根固工、流路工、被覆工、藻場造成工 等
 
■形状・種類
根固被覆用 A形 AM形
(溝付A形)
大型
規格 0.5t〜16.0t 2.0t〜16.0t 20.0t〜50.0t
配列 平面配列
根固被覆用 B形 C形 W形標準 W形突起付
規格 0.5t〜10.0t 2.0t〜5.0t
配列 平面配列・かみ合わせ配列 平面配列
 
■施工例
 

TOPへ

 
 
 
◎セッカブロック  【緩傾斜護岸用】
セッカブロック(緩傾斜護岸用)は扁平な方塊の中央に四角錘状の孔を設け、四隅と各稜を面取りした形状で、配列方法はかみ合わせ配列を標準とし、平張用のK形、階段用のS形、階段護岸用のSW形があり、より優れた安定性、吸出し防止効果、施工性、経済性を追及した消波根固ブロックです。
 
■特徴
重心が低く安定性に優れます。
中心の孔による減勢効果が大きく、波の打ち上げ高を低減することができます。
平面形状は同一ですから、質量の異なるブロックをかみ合わせて使用できます。
階段形状のS形を併用することにより階段護岸として利用できます。
覆面積が大きく、単位面積当りの個数が少なくてすみ、工事費が割安です。
型枠の構造が簡単で、製作から据付までの施工も容易です。
平打ちのため、容易に天端部に加工を施すことができます。
 
■適した工事
被覆工、平張り工、階段工、階段護岸工 等
 
■形状・種類
緩傾斜護岸用 K形 S形 SW形
規格 2.0t・3.0t・4.0t 2.0t・3.0t・4.0t 5.0t
配列 平張用 階段用 階段護岸用
>>「セッカブロックSW形」製品カタログはこちら
>>「セッカブロックSW形すべり止め付」製品カタログはこちら
 
■施工例
 
TOPへ
 
 
アレートエイト(海岸根固被覆用)
 
アレートエイト(海岸根固被覆用)は扁平な方塊の中央に楕円錘状の孔を2つ設け、四隅と各稜を面取りした形状で、平面配列のみ可能な標準、マウンド法肩部を被覆できる法肩用の2種類があり、より優れた安定性、吸出し防止効果、施工性、経済性を追求した海岸用根固被覆ブロックです。
 
■特徴
ブロックの重心が低く安定性に優れ、2ヵ所の孔及び側面の窪みが揚圧力を低減します。
被覆面積が大きく、経済性に優れています。
型枠形状が単純で施工性に優れ、型枠ごと転置可能で工期を短縮できます。
平打ちのため、天端の加工も可能です。
法肩用ブロックを併用し、より安定性を高めることが出来ます。
 
■適した工事
人工リーフ工、マウンド被覆工、ヘッドラント工、突堤工 等
 
■形状・種類
海岸根固被覆用 標準 法肩用
規格 2.0t〜30.0t
配列 平面配列
>>「アレートエイト(海岸用)」製品カタログはこちら
 
■施工例
 

TOPへ

 
  【その他の鋼製型枠】
 
   
  【製品に関するお問合せ・カタログ請求はこちら】